スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「産ませたら不幸になる」 容疑の医師が供述 不同意堕胎事件(産経新聞)

 交際女性の同意を得ずに子宮収縮剤を投与して流産させた事件で、不同意堕胎容疑で逮捕された東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)の小林達之助容疑者(36)が警視庁捜査1課の調べに対し、「産ませたら(女性と子供が)不幸になると思った」と供述していることが27日、捜査関係者への取材で分かった。

 小林容疑者は女性から妊娠を知らされた時点で現在の妻との結婚が迫っており、捜査1課は小林容疑者の供述は犯行動機に当たるとみて、さらに詳しく調べる。

 捜査関係者によると、小林容疑者は妊娠を知らされた翌日の平成20年12月31日と21年1月1日、同病院から収縮剤の錠剤などを不正入手した。

 さらに、錠剤などを女性に渡した後に同病院から収縮剤の点滴薬を不正に持ち出し、実家の内科医院から持ち出した点滴バッグに注入して、1月中旬に女性に投与、女性の自宅トイレで流産させたという。

 小林容疑者は女性が流産した後も、妻と結婚していることを隠したまま女性に結婚する意思を示し、交際を続けていた。

【関連記事】
不同意堕胎 勤務先から点滴薬を不正入手
勤務先から別の薬品入手 不同意堕胎事件で警視庁が慈恵医大を捜索 
“不同意堕胎”イケメン医師、妊娠知った数日後に結婚してた
妊娠→薬→堕胎 結婚控えたイケメン医師 焦燥と暴発の果てに…
妊娠知った翌日 別の患者名で錠剤不正入手

<松屋浅草>日本最古の屋上遊園地、31日閉鎖(毎日新聞)
元部下の調書など却下=「取調官が誘導」―厚労省元局長の公判・大阪地裁(時事通信)
NHKが初の強制執行申し立て=受信料拒否の5人に(時事通信)
「野党になります」福島党首が明言(読売新聞)
特措法「感謝したい」=種牛49頭の殺処分回避になお含み―東国原英夫知事(時事通信)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ミスターかずひろおかやま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。